FC2ブログ

feliA note

healing salon::feliAの活動記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

出張パステルセラピーイベントのご報告

9/11(水)、保谷のベジカフェ「いただき膳」とのコラボイベントである
出張パステルセラピーのご報告です☆

パステルセラピーで感情をスッキリ解放したあとに
美味しい美味しいVeganランチが味わえるという
講師の私も大変嬉しいイベントでした〜!

いつもは、スピリチュアルなセラピーを中心に
活動している私なのですが、
地に足の着いたノンスピなセラピーもやはり良いものです♪

特にパステルは、お子様からご年配まで、
年齢を問わずご参加いただけて、交流の輪が広がるので
とっても楽しく盛り上がれるイベントなのです!

今回は、10時〜12時の間で2枚のアートを完成。
集合写真です!

130911-123227.jpg

今回は、カレンダーとしてもお使いいただけるよう、
9月と10月のカレンダーテンプレートをプレゼント☆

描き終わったあとは、
いただき膳さんの美味しいVeganランチ〜!

130911-123943.jpg

相変わらず、海しば(スコットランドの海藻)と春巻が
美味しすぎてホントどうしよう(悶絶)

ノンシュガー・ノンエッグ・ノンオイルのデザートも絶品♪

130911-131112.jpg

食後は、個別にアートリーディングによるアドバイスを
させて頂き、お開きとなりました☆

いただき膳さんから頂いた、当日のレポートです。
(以下facebookより転載)

-----------
本日、セラピスト・充枝さんとのコラボ企画
「パステル画を楽しもう!」を終了しました。

色の粉を指先につけて、
思うがままに指を動かしていくパステル画。

参加者様の感想をご紹介します。

「自分の指でないよう感覚だった」

「新しい世界を知る事ができた。
自分の中に色々溜め込んでいるんだと気づいた」

という感想をいただきました。

:::::::
人間は、目からだけでなく、
肌でも色を認識しています。
自らの手で色にふれて塗っていくことで、
今までの無意識に溜め込んでいた感情の解放が起こり、
作品完成後には気分がスッキリします。
::::::::

イベントの案内にあたって、
充枝さんからいただいたメッセージにあったとおり、
終了後は、皆さん本当にスッキリしたお顔で、
いただき繕のランチを食べていただきました。

素材の味を十分味わっていただき、
ノンシュガー・ノンオイルのデザートも気に入って下さった様子でした。

ランチ後、充枝さんから、現在の状況/未来へのアドバイスもされていて、
涙ぐむ参加者の方も・・・

充枝さん、参加者の皆さま、素敵な時間を共有して下さり、
どうもありがとうございました!
-----------


こちらこそ、素敵な会場と美味しいランチを提供して頂いて、
本当に本当にありがとうございました!
おかげさまで参加者様方と素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。

今回ご参加いただいた方々は、最初の自己紹介時に
口を揃えて「絵は苦手…」と仰られていました。

しかし、芸術療法は上手い下手を競うモノではありません。

そもそも日本人は、「アート」と「デザイン」を混同しがちな
ところが少々あるようで、「絵に苦手意識がある」という方は、
おそらく描き上がった絵を周囲から見られることを
意識しているからだと思うのですが、実は、
「わぁキレイ」「素敵だね〜」と褒められる絵というのは
「デザイン」であり、「アート」ではありません。
「アート」は心の表現であり、そこに絵の上手下手の概念は不要なのです。

私も、アートリーディングさせていただくときは、
「デザイン」評価のフィルターではいっさい観ておらず、
むしろ「どの位置にどんなモチーフを描いているか」だったり
「線の強弱、色の濃淡」に注視しています。

言葉は、顕在意識(全意識の3%)でしか表現できませんが、
絵画は、無意識(残り97%)で表現しますので、
些細な色の濃淡、モチーフの位置…といった描画要素から、
その方自身が気づいていない、思いもかけない潜在意識が
発露します。そこが、芸術療法の大変面白いところです。

パステルセラピーは、どんな方にも有効な芸術療法ですが、
個人的には、心の病(特に鬱)を患っていらっしゃる方にこそ
是非ご体験いただきたいセラピーです。

というのも、鬱の方を拝見していていつも感じるのが、
「体内の余ったエネルギーを内側に向けている」…というのが
あるからです。
心身ともに健康な方は、エネルギーを外に向けて発散しますが、
鬱の方の場合は逆で、とにかく内へ、内へ…という感じで、
エネルギーが体内に滞ってしまい、そして内側に籠ったまま
行き場を失ったエネルギーは、己の心や、体内細胞をアタックし始める…
私には(第三の目によるビジョンですが)そんな風に見えます。

そもそも人間、悩み事が生じると意識が内側へ向かうものですが、
真面目な方であればあるほど、その心の迷宮から外へ出る事に
罪悪感を抱いてしまいがちなのです。そうなってしまうと、
気力も失せ、非活動的になり、更に内側に籠り…と悪循環を辿ります。

ですので、鬱傾向にある心の状態を改善するには、
体内の気を外側に向けて「発散」させることが大事です。
一番効果的なのは「運動」、特に私自身で体感した中で最も効果的と
思われる運動は「ジョギング」(上下跳躍が良い感じ)なのですが、
一旦鬱に陥るととてもそんな気力は湧いてきませんので、
芸術療法をお勧めしています。
パステルは、芸術療法の中でも最も手軽にかつ簡単に始められます。

そしてfeliAのパステルセラピーでは、アートリーディングによる
過去/現在/未来へのカウンセリングアドバイスをさせていただいてます。

今回のパステルの出張イベントは初めてでしたが、
またこちらのいただき膳さんでイベントをさせて頂くと思いますので、
どうぞ今後もご期待ください☆

ということで取り急ぎ、イベントのレポートでした!
ご参加頂いた皆様、いただき膳の皆様、
今回は本当にありがとうございました〜!!
別窓 | アートセラピー(芸術療法) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<10/27 相模原のロハスマーケットに出店します☆ | feliA note | 「迷い、考え、決断するというプロセスが私には必要なんだと気づかされました」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| feliA note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。