feliA note

healing salon::feliAの活動記録。

ふらのわマスターコースレポート☆糸紡ぎ編

ついに!ついに!糸紡ぎ!!
ここまでの道のり、長かった〜…(感無量)



昔ながらの糸車を使って、紡いでいきます。
糸車、アンティークの趣きがあってとっても素敵です。

社長が、ふらっと(まさに社名のごとく)ショールームに現れて、
自らお手本を披露してくださいました。
日々出張でお忙しいだろうに、社長はホントサービス精神旺盛で優しいな〜

130130-172826.jpg

この鮮やかな手つき!

130130-172840.jpg

携帯カメラで何回か撮ったけど、全然捉えきれてない…
スポーツカメラマンのシャッタースピード1/250秒くらいでないと。


130130-172858.jpg

社長の糸紡ぎは名人芸の域でした。
ホントすごい。

果たして自分もこんな風に糸を紡げるようになるのだろうか??
こんなのを目の前で見せられると、全くもって出来る気がいたしませんが…
でもとにかくやるしかありませんよね!
そうしないとこれまでの地道な努力が全て水の泡ですからね!

しかし、これをマスターするには一体何回通えばいいのやら…(遠い目)

そんな悩める娘の姿を見兼ねてか、
なんと我が父(78)が、糸紡ぎ機を自作。
高校時代には、太陽熱温水器を作って風呂を沸かし、
村中の評判を集めた武勇伝をもつ、永遠の工作少年。
今現在のビジュアルは友蔵ですが。

我が家の友蔵は心の俳句を詠んで周囲を和ませたりはしませんが、
時々こうやって地味にいい仕事をします。
ありがとう父!!(感涙)

130320-094808.jpg

さっそく、この試作機を使って紡いでみることにしましょう。

おお、立派に紡げるではないですか!!

130320-095001.jpg

しかも、糸車でやるより簡単に細く出来ますよ!!
たぶん、糸車と比べて回転が細かいので、
糸のより具合を微調整しやすいからだと思います。

糸紡ぎ歴の浅い私でも、ほらこの通り〜

130320-095128.jpg


持ち運びしやすいように、ちょっと改良してくれました。

130323-231157.jpg

裏返すとこうなっており、支えの部分に滑り止めのゴムを貼付。
そして1カ所をネジで止めているだけなので、スライド収納可能。

130323-232111.jpg

こうすれば、持ち運びもコンパクト☆

130323-232001.jpg

サイズは、40cm×9cm×12cm。
あまり場所も取らなくてGOODです。

全国の糸紡ぎ愛好家の皆様に朗報です。
ええとですね、父が「欲しい人がいたら、受注制作販売するよ」と申しております。
もちろん上の写真は、あくまで自宅用の試作機なので見た目もアレですが、
「欲しい」という方には、商品っぽく美しく仕上げて、全国発送いたしますよ。
糸車ってなかなか手に入りにくい上、国産のだと3万円以上?とか
かなり特殊で高価なものなので、格安でゲットしたいという方には
お勧めしておきます。ちなみに希望小売価格は5〜6000円だそうですよ。

ご希望の方は、feliAのお問合せフォームから、
備考欄に「糸紡ぎ機購入希望」とお書き添えの上、ご連絡下さい☆

最後はCMになっちゃったよ…笑
別窓 | 綿花/糸紡ぎ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<自然農と手づくり循環生活講座in山梨レポート☆最終回 | feliA note | ふらのわマスターコースレポート☆綿打ち編>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-03 Sun 18:54 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| feliA note |