FC2ブログ

feliA note

healing salon::feliAの活動記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

自然農と手づくり循環生活講座in山梨レポート☆最終回

月に一度のお楽しみ☆な、この自然農の学びの講座も…
ついに最終回です!


130317-101617.jpg

今日も富士山がとっても綺麗な姿で迎えてくれましたよ〜☆

今回のスケジュール予定。

130317-123842.jpg

私は、初日は体調不良でお休み。
2日目から参加でした。

初日の夜の交流会では、一人一芸(←宿題)の披露があった模様。
私は一応、「姫川薬石の石笛を吹く」というのと
陳式剣48式の演舞(衣装あり)」というマニアックな持ちネタがあるんですが
欠席により免れることに成功しました(安堵)

2日目の朝に到着すると、踏み込み温床のレクチャーが始まっていました。

130317-101931.jpg

落ち葉に、米ぬかと水分を混ぜ合わせたものを苗箱に入れて、

130317-102700.jpg

踏み踏みしていきます。

130317-102721.jpg

これは子どもが喜びそうなワークですね♪
私も踏み踏みしましたが、ふかふか具合が気持ちよいです。
ただ、鶏糞も混ざってるので、なかなかに香しい空間が出来上がりました。笑


さあ、ブランチの準備ですよ〜
こちらは何をやっているかというと、竹ご飯の容器づくり。

130317-101948.jpg

この中にご飯を入れて炊くということです。
炊きあがりが楽しみ楽しみ〜♪

130317-105426.jpg

こちらは、今回のゲスト講師の方が作られたという竹籠。
とっても軽くて、精巧に出来ています。

130317-110929.jpg

私は編み籠を見ると、三国志に出てくる「藤甲軍」をいつも思い出します。
「藤甲」というのは烏戈国の兵士達が着ていた、藤の蔓で編んだ鎧。
藤の蔓に油を染み込ませて乾燥させ…を繰り返していく製法により
矢も槍も通さない強靭さと、川を渡る際に浮き輪になるほど軽い鎧と盾になる
(ただし弱点は火計)…という、まあこれはあくまで物語上のお話ですが。

この竹籠も、そこまでいかずとも軽くて丈夫、おまけに防腐消臭作用も
期待できるのだから、大変優れものですね☆
ちなみに私は竹で弁当箱を作ってみたいです。あと、竹炭!竹塩!
去年から竹ブームが自分の中で続いていますが、
特に竹炭は、日々の料理にも取り入れたいので、ぜひとも自給したいところ。
技術的にはなかなか難しいようですけど、一応「竹炭自給」も
叶えたいビジョンとして掲げておきます!


他のお料理達は、スタンバイ完了!
さっそく各々盛り付けて、いただきま〜す☆

130317-110827.jpg

今日のブランチのラインナップ。
大根サラダ、アボカドサラダ、雑穀ご飯に舌鼓を打っておりましたら…

130317-110942.jpg

あ!!そしてそして〜今日もキッシュが登場です!!
主役はいつも遅れてやって来る〜♪
キッシュ!キッシュ!!(キッシュコール再び)

130317-111322.jpg

竹ご飯も、香ばしく炊きあがりましたよ☆

130317-111615.jpg

ほっこりとした炊きあがり、竹の香りがたまりませんですよ。
今回も大変美味しいご飯を、本当にごちそうさまでした♪
1年の締めくくりがこんな楽しい美味しいガーデン料理で幸せです!

このあとは、「卒業制作」と「自分の叶えたいビジョン」の発表でした。
私の卒業制作は、

その1「糸紡ぎカフェの企画および年間活動内容の構想」

130323-151554.jpg

カレンダーの裏に書いた企画書もどき。
文化祭の展示以下の出来でお恥ずかしいですが。

年間計画。
基本、午前は屋外作業、午後は屋内作業です。

130324-095141.jpg

これ、もしかしたら実現するかな??


その2「麹スイーツ(試食)」

麹スイーツは、うっかり写真撮るの忘れました。
ので、先日出張訪問セラピーのときにクライアント様にお出しした
麹スイーツの写真を、代わりに載せときます。

130306-143545.jpg

レシピは、
甘酒と粉と油を適当な割合で混ぜてオーブンにGO。
フレーバーはその時の気分次第、好みとインスピレーションで!
以上。

あれ、説明が簡単すぎますか?
糖と粉と油を混ぜて焼けばとりあえず「何か」出来ますよ〜(充枝節炸裂)
その予測不可能な「何か」を楽しむ心の余裕が、
料理以外においても、たとえば人生においても、必要ですよね〜
とりあえず、お料理を上達させたいと思うなら
計量しないことですかね☆(たとえケーキ作りであっても)


その3「手づくり糸紡ぎ機」

130320-094808.jpg

ちなみに作ったのは私でなく父です。
夏休みの宿題を肩代わりしてもらった小学生のようでアレですが。

永遠の工作少年の血が騒いだのか、ホームセンターで
釣り用のルアーやアルミの棒を買ってきて試作したようです。
糸車って普通に入手しようとすると、3万円以上はしますから、
これは大助かりです。
原理が分かれば、結構何でも作れちゃうものなんですね〜

130320-095001.jpg

ご覧のように、ちゃんと紡げます。
しかも、昔ながらの糸車よりも細く紡ぐことが簡単にできます。
糸紡ぎ歴1ヶ月の私でも、ほらこの通り!

130320-095128.jpg

私があまりに感動して「これ売れるよ!」な〜んて喜んだので、
それなら受注制作販売でも始めるか、などとなんだか乗り気な父なんですが
糸紡ぎ自体がまだ相当マニアックだからビジネスとしてはどうかな…笑


続いて、叶えたいビジョンの発表。

宝地図ワークショップなるものが巷にありますけれど、
あれに近い感じで、叶えたいビジョンを視覚化しましょう〜という宿題。

ビジョンボードといえば、2年くらい前に
アバンダンスプログラムで作ったものが
今も自分の部屋に飾ってあります。

130320-212656.jpg

充枝の趣味全開。笑

なので、講座の宿題用は、一応別に作りました。

130323-151615.jpg

テーマは、「自然農×アートセラピー」の融合!

「育てて楽しい」「食べて美味しい」はもちろんのこと…
美しいもの大好きな私としては、やはり「眺めて美しい」ことも
大事にしたい要素でして、農的スペースそのものを、
カラーセラピーにしたいなぁと思っているのです☆


それからこれは、講座の途中の回で提出したグループワークの宿題ですが、
これも自分の理想とする循環ビジョン。

130323-151524.jpg

自然素材は、人によって好きずきがあると思うんですが、
私の場合はやっぱり「綿」と「竹」かな〜と。
この2つがあると、衣食住においてかなり「自然循環」できそうなので。


最後に、卒業証書をいただきました☆

130323-151442.jpg

出席率7割以上で「修了証書」ということです。
(それ以下だと「受講証書」だとか)
ちなみに私、参加者中で出席率トップだそうですが、
遅刻率も首位だったことは誰にも言えません。(言ってる)


仲間達とのお別れが大変名残惜しい中、お開きとなりました。
あっという間でしたね〜一年間!
来月からは、2期生の講座がスタートするということですが、
私もOGとして時々お邪魔させていただきたいなぁ♪と思うのでした。

講座の全体的な感想もろもろは、長くなるのでまた別記事に。

取り急ぎ、最終回レポでした〜☆

別窓 | 自然農 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<自然農と手づくり循環生活講座in山梨レポート☆修了によせて個人的まとめ | feliA note | ふらのわマスターコースレポート☆糸紡ぎ編>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| feliA note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。