FC2ブログ

feliA note

healing salon::feliAの活動記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

自然農と手づくり循環生活講座in山梨レポート☆10月版2日目

山梨自然農講座、10月版2日目のレポートです☆

朝は、希望者だけで太極拳エクササイズをシェアしました。
太極拳を習い始めてまだ数ヶ月の自分が教えるなんて
本当におこがましいこと甚だしい(口が裂けても師には言えない…)のですが、
ただ、農作業してるとどうしても腰痛の問題がついて回るので、
腰痛予防としての動功は早めにシェアしておきたいなぁと思った次第です。

基本の「站椿功」と、腰回し。
「站椿」は中国語で、杭のように立つ、という意味。
站椿功もいろいろやり方があるのですが、今回ご紹介したのは馬歩站椿功。
軽く膝をゆるめて、字の如く「馬に乗る」ような姿勢で立ちます。

髀肉の嘆」という故事成語が中国にあるように、
乗馬の姿勢は下半身の筋肉を強化します。
站椿功の凄い所は、立禅瞑想/腹筋・背筋・下半身強化/丹田活性化が
一度にできるというところ。

1日10分の站椿功を3ヶ月くらい続けていると、確実に体が変わってきます。
私の場合は、手足の先にまで気が渡るようになり、末端冷え性が改善されて、
体の動きにしなやかさが出てくると同時に、お腹が減っ込み、
お尻のラインが引き上がりました。
また、農作業時も疲れにくくなり、腰の負担も劇的に改善。
今は、どんなに時間が無くても毎日5分でも立たないと落ち着かない。笑

腰回しの動功の方も、腰の柔軟性を高め、丹田を活性化させる意味でも
とても重要なエクササイズ。
腰の硬さ&丹田の弱さと、腰痛は正比例します。。

最後に、太極拳をデモ演舞しました。
私が日々修練している、太極拳の套路は
おおよそ↓こんな感じのものです。



ごく一般的な、楊式ベースのゆっくりした簡化24式と比べて、
陳式は武術的要素と、緩急のメリハリがあるので若い人向きかもです。
私も最初は楊式からスタートしたのですが、膝を痛めたので陳式に転向。
(太極剣/太極刀に限っては、楊式派の方が優美で好みですが)

私は最初「気」を高めるボディーワークとしてヨガをやっていたものの、
奉納舞としての太極剣をやってみたいという気持ちと、
護身術としても活用できるという点から、今年から太極拳に移行しました。
田舎で護身術を使うケースというと、熊や猿の群などに対峙した時(具体例
土砂崩れ/台風などの自然災害、こちらの記事でも書いているように、
乗り物から落下するなどの事故のケースに対する備えでしょうか。
ヨガでは護身効果は殆ど期待できないと思うので、
今後も太極拳の修練を楽しんで続けていきたいです♪


朝のお散歩から帰ると、一晩寝かせて一次発酵を終えたパン生地がお目見え。

121014-080800.jpg

お〜何だかひと回り大きくなってるような気がする!!
菌が生きているということを体感できて、嬉しくなります。

人数分に分けて成形し、2次発酵のステップへ。
ふっくらしたパン生地の感触が心地良くて癒されます。

121014-094233.jpg


そうこうしているうちに、ブランチの時間。
メニューはカレーとコールスロー、味噌汁です☆

121014-101512.jpg

そして、先週私が信濃大町で収穫してきたマコモの天ぷら。

121014-102648.jpg

実は昨夜の交流会で、マコモについて少し語ったものの
リアクションが今ひとつで切ない空振り感があったのですが(笑 
料理として体験してもらうと皆一様に「美味しい」と。
百聞は一見に如かず、の典型例でしたね〜

まあ、マコモ自身も「分かる人にだけ理解してもらえれば良い」
みたいな意識を持っている植物なので、私もこれ以上は
周囲に宣伝することはやめることにします^^;

この後は畑作業。
(携帯のバッテリーがかなり限界だったため、写真は省略。。)

秋は、ほうれん草などの葉ものの種蒔きが適しているとのことで、
今回自分のグループの畑には、アブラナ科の野菜の混播を行ったり、
ほうれん草の種を蒔いたりしましたが、元気すぎる雑草を刈るのが
なにげに一番時間がかかりました。。
雑草はこんなに元気なのに、野菜の収穫は非常に微々たるもので。。
人にとっても地球にとっても安心で安全な野菜をつくるのは本当に時間が掛かる。
やっぱり農ライフは、人生の早い段階から始めた方が良さそうですね。
「年とってから始めればいいや」と思っていると、まともな収穫が
できないうちに自分の寿命が先に来てしまう、なんてことにも
なりかねないような気がします(いや…笑い事でなく、本当に^^;


畑の写真は省略しても、作業後のスイーツの写真だけは外しません。笑
ええ、料理研究家としてのサガですとも。(開き直り)

121014-144421.jpg

他の受講生の方の差し入れのサツマイモで作った、きんつば♪
甘さ控えめで、もっちりホックリな食感の美味しさでした!


最後は、今朝方成形して焼き上がったパンをお持ち帰り。
可愛く焼き上がっていて、嬉しいです〜☆

121014-152049.jpg

翌朝にトーストして食べるつもりが、
帰りの電車の中で、うっかり完食してしまいました。笑
(私だけでなく、他の受講生仲間も同様…)
これは危険、、自分で作るようになったらきっと激太り間違い無し。
美味しすぎるというのもまた、問題ですね。。

揚げ物とかもそうだけど、太りそうな美味しい食べものは
自分で作らず、少量を買うようにしたほうが良いのかも?!
自給自足ライフといえど、モノによっては自作しない方が良い(こともある)
そんな斬新な学びも得た、今回の講座でした。笑


別窓 | 自然農 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<自宅庭でプチ自然農/畑観察記 9月・10月編 | feliA note | 自然農と手づくり循環生活講座in山梨レポート☆10月版1日目>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| feliA note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。