feliA note

healing salon::feliAの活動記録。

信濃大町〜安曇野の旅

糸魚川から始まった秋の旅は、まだ続きます。
マコモサミットで知り合ったNちゃんのお誘いで、
長野は信濃大町に再訪です。
安曇沓掛駅で、Nちゃんと再会。
高山で玄米菜食カフェを営んでいるKさんと、
安曇野在住のフリーライターGさんと初対面。

農作業の前に、お蕎麦屋さんで新蕎麦を頂きました♪

121007-121106.jpg

前回の大町旅では、新蕎麦が食べられなかったので、
ここでリベンジできて感無量!!
リンゴの天ぷらがおいしかったです。

121007-123423.jpg


お昼の後は、農家さんのお宅へ。
マコモ農家さんの軒先に置いてあった、マコモポットとマコモ藁。
ご厚意で、この藁束も頂けることになりました。

121007-133923.jpg

マコモの田んぼ。

121007-135409.jpg

初めてのマコモ収穫作業。
マコモは葉の部分が鋭利なので、顔や手を切らないように
気をつけないといけません。。マスクは必須です。

121007-145512.jpg

白いタケの部分が見えてきたら収穫時ですが、見きわめが難しいですね。


Nちゃんと一緒にいるときは、自然界がミラクルをみせてくれる。
マコモサミットのときの最高の夜景、貴重な野生種のマコモ対面、
そして今日この日は、写真には写りきらなかったけど、
なんと虹がダブルに出現!!

121007-163234.jpg

これが一体何を意味するのか…

Nちゃんは、本当にマコモへの愛が深い、マコモ姫です。
私はまだ先月マコモを知ったばかりなので、学ばせて頂くことがいっぱい。
Nちゃんとはきっとこれから、マコモを通じて長いお付き合いになるでしょう。
どうぞ末永く、よろしくね。

この日は、安曇野在住の方のお宅にお邪魔して、
晩ご飯をご馳走になり、とても温かいおもてなしに感動☆
安曇野ライフがどんな感じかについても、お話して下さいました。
いや〜安曇野の人達って、、とっても愉快でユニーク!笑
観光客向けの、いわゆる上品な観光地としての顔とは全然違う、
そのギャップがもう大好きです☆(私も、かなり変人ゆえ…笑)

翌日は、フリーライターGさんのご厚意により、
大町と安曇野を一日案内していただきました〜
幸せすぎです!!!以下、安曇野の素晴らしい景色をご堪能下さい。

121008-080726.jpg


大王わさび農園の、風車小屋の傍の小川。
ディーバに誘われて、思わず川の中へ入って行ってしまいそうでした。笑

121008-090459.jpg


朝ご飯は、天然酵母パン屋さんのカフェテラスにて。

121008-092626.jpg

こちらのパン工房スタッフの方が、大町観光レディースの会所属。
「今度大町に来ることがあったら、是非ご連絡下さい!」と
嬉しいお誘いのお言葉をいただきました。

森の空気と一緒にパンを味わう。最高です〜☆

121008-094121.jpg


穂高神社へ、お参り。
住むとなったら、まずは土地の神様へお伺いをたてないと、ということで。
どんなにその土地に住みたいと思っても、そこはやっぱり
天の采配があるのです。
穂高の土地の神様は、「いいよ〜」と言って下さってるように
感じたので、ほっと一安心です☆

121008-104017.jpg

境内を歩いていると、八面大王の荘厳なエネルギーを強く感じました。

ちなみに穂高神社の御祭神は、穂高見命。穂高見命は、海神族の祖神。
もとは九州に住んでいた海洋民族・安曇族は、
糸魚川から姫川をさかのぼって、安曇野に定住したという説があり、
(なんかこれ、今回の私の旅の過程に似ているような…笑)
ライターのGさんいわく、ここは龍族の魂をもつ人が集まる場所だそうです。

ちなみに信濃大町の名物である大町ダムは、別名「龍神湖」。
辰年生まれの私が、この辰年に、箱根の白龍神社から始まって、
ここまで龍スポットに喚ばれっぱなしなのは、
まるで「自分のルーツを知りなさい」と言われているような…
う〜ん、これはいつかこの土地に、龍の剣舞を奉納しなくては
ならないような気がしてきました。。
太極剣と太極刀、東京にいるうちに頑張ってマスターします。


神社を後にして、今度は安曇野の丘の公園に連れて行ってもらいました。
安曇野一番の景色。桃源郷ですね…

121008-111600.jpg


その次は信濃大町に移動して…
超穴場の、神秘的なストーンサークルへ!

121008-121206.jpg

この場所は、かなり宇宙意識が来ていました。
いろいろメッセージを受け取ったのですが…ここでは内緒です。。
知りたい方は、今後開催するツアーの中にてお伝えしますので
乞うご期待☆


同じく大町は美麻の、農園カフェでランチ。
美麻は、「おひさま」の舞台になったことがあるだけに
とっても素敵なところなんです〜!ご参考はこちら
まるで北海道の美瑛みたい!

121008-124843.jpg

この界隈は、シカによる農作物被害が甚大なようで、
CWニコルさんの著書「シカ肉は日本を救う」という本が置いてありました。
要約は、こちらのブログをご参考に。

私はもともと、環境保護/動物愛護の観点からVeganになった人間ですが、
自然農を学び始めてからというもの、その辺りの考えが少し変わってきました。
現状の市場主義経済を根本とした大規模経営農家や畜産業は
確かに環境に負担をかけるけれども、ごく原始的なスローライフの中で、
地球の生態系バランスをとる目的での捕食であるなら、
カルマ的には許される範囲なのではないかと。
(とはいえ、私自身はやっぱり気持ち的に、魚の捕食が限度ですけれど…)

ということで、最近はVeganではなく、Vegivoreになっている私。
今回は試しに肉食解禁して、ジビエカレーをいただいてみました。

121008-132332.jpg

…おかしいな。
私はお肉を食べると大抵、動物さんの悲しみや痛みの波動に加えて
抗生物質やら何やらの化学物質で、食後に波動がズンと下がる体感覚があるのに、
このジビエカレーは大丈夫だ。。お肉なのに、とても波動が軽いです。
やはり、野生環境での捕食だから波動が違うのかな??
このカフェの料理人さんがとっても素敵な人なので、その愛の波動で
プラマイゼロになったのかも知れないけれども…
ともあれ、とても美味しかったです。ごちそうさまでした。(合掌)

食後は、大町の緑豊かな団地の公園で、大町在住の方を紹介して頂き、
樹の下でピクニック気分でおやつを食べながらの楽しいおしゃべり。
大町は、本当に不思議な町だということを、教えてもらいました。
まあ、さっきのストーンサークルだけでも充分に神秘的ですけど。笑

何かもう、環境の良さと住人の皆さんの温かさで、
すっかり大町&安曇野の虜になってしまいました。

あっというまに夕方、もう帰京の時間。。
夢のような1泊2日の竜宮城旅、、東京に帰ったら
浦島太郎になってるんじゃないかとか本気で思う程…

車の窓から見えた、天使の梯子。
自然界が歓迎してくれてるようで、嬉しくて涙が出る。

121008-161301.jpg

この土地に住まわせてもらえるなら、
私は自分の持ちうる全てを、地域に還元したい。

左側の空に、天使の羽の形をした雲と、うっすらと虹。

121008-161752.jpg

大町と安曇野の土地に、心からありがとう。
そして、これからどうぞよろしくお願いします。

2日間に渡り、観光案内して下さったGさんも、
お忙しい所本当にありがとうございました〜!!(感涙)

来週末は、信濃大町移住体験ツアー。
先月の糸魚川旅の帰りに寄り道した、大町「わちがい」で
移住体験ツアーのチラシを何気なく手にとった時は、
まさかこんな展開になるなんて本当に思いも寄らなかった。
長野とのご縁がどんどん繋がってきて、とてもワクワクしてます!
別窓 | 長野 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<自然農と手づくり循環生活講座in山梨レポート☆10月版1日目 | feliA note | 三重の旅〜マコモサミットin菰野2日目>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| feliA note |